K10の廃車プチ情報

思い出の詰まった車を手放すとき

愛車を手放すときは後ろ髪ひかれる

平成5年式のスポーツカーに最近まで乗っていました。が、ついに廃車です。

 

仕方ありませんね、随分頑張った方だと自負しています。

 

頑張った理由はやはりこの車が大好きだったから。大学生の頃はお金がなかった為に中古の軽自動車に乗っていました。

 

 

就職したら絶対に大好きなスポーツカーに乗ると心に決めて就職活動を頑張り、初ボーナスを頭金にして買った車!人生初の大きな買い物だったのです。

 

 

それはもう大切に乗ったしメンテナンスも怠る事なくやりました。

 

しかし何度も車検に出すうちに、タイミングベルトやウォーターポンプの交換費用が加算される様になりました。

 

 

次はエアコンのガス漏れ、バッテリー交換も一年毎です。費用がかさむしそろそろ限界がきたな・・・と。

 

 

どうせいつかは買い換え時期がくるので、整備費分が浮く今が変え時かと思って買い換えを決意。走り自体は問題がなかったのでちょっと後ろ髪を引かれる感はありましたが、それでも次の車検は越せないと確信してついに廃車にしました。

 

 

廃車といっても廃車・事故車を扱う買取り業者にお願いしたので、自分の車もリサイクルされて少しの部分だけでも形を変えてまた誰かの役に立てればいいかなって思います。

 

 

そしてまた次もスポーツカー狙いで行きます!勿論また大切に乗るつもりです。

 

 

15万q乗ったら十分でしょ?

この度軽自動車を廃車にする事にしました、一番の理由は双子の子供が生まれたからです。

 

双子なので揃える物は勿論全て2つずつ(^_^;)

 

一番大変なのはチャイルドシートで、軽自動車の後部座席が全てチャイルドシートで埋め尽くされます。

 

 

 

運転席に主人助手席に私が座ると、買った物がトランク部分にしか入りません。ベビーカーをトランクに乗せたりする場合はもうNG、しかも二人乗りのベビーカーは大きいので、軽に乗せる事自体に無理が生じます。

 

すでに平成5年式で15万キロ乗っていましたから、丁度エアコンガスが手に入らなくなる時期ではあります。

 

そろそろ燃料ポンプも危ないと主人も言っていましたし(未だ壊れませんが)ゴム関係もかなり劣化がきている様です。

 

それでもここまで乗れたのは、主人のつてでメンテナンスをよくやってくれる、とても良い整備工場さんにお世話になっていたからです。

 

勿論自分でも気を使ってはいましたが、本当に親切で良く気が付く人達ばかりでトラブルを未然に防いでもらっていました。

 

それが長持ちの一番の秘訣だった様に思います。但し最近ではエンジン回りでの小さなトラブルが出始め、修繕の金額が徐々に大きくなっていました。そんな車に子供達を載せるのも嫌だったので、廃車にして次の車に買い替えました。

 

次は小ぶりですが乗用車です。心配していた保険もさほど上がらず、しかも燃費が飛躍的に良いので大満足です。

 

この車も大切に乗りたいので、引き続き主人のつての整備工場さんにお願いします。優良な整備士さんが見つかると本当に安心☆末長く愛車に乗る為の秘訣ですね。

 

車の処分|廃車にする前に必ずしたほうがいいこと